Menu

言語聴覚療法

Home

言語聴覚療法

言語聴覚療法とは

脳卒中や事故、先天的な病気によって、話をすること・聞くこと・食べることが難しくなった方々とそのご家族に対して、言語聴覚士がリハビリテーションを行います。

リハビリの内容

言語機能の傷害

代表的なものとして脳卒中による失語症があります。「話す、聴く、読む、書く」のリハビリを行います。

話し言葉の障害

脳卒中等の原因によって、呂律(ろれつ)が回らない、声が出しづらい等の症状のある方が対象となります。顔や口、舌の運動機能を高め、声や発音の改善を目的としたリハビリを行います。
また、発音が聞き取りにくい時は紙に書いてもらう、声が出ない方ではキーボードなどで意思を伝えるなど、コミュニケーションを行う練習をします。

食べること・飲み込むことの障害(摂食・嚥下障害)

脳卒中等の原因によって、かんだり、食べたり、飲んだりする機能が低下した方の機能改善を目的に行います。運動療法や、食べ物を用いたリハビリ、食事環境の調整等があります。

言語聴覚士

しんど訪問看護には言語聴覚士がおります。